学校法人長谷柳絮学園 仙台青葉服飾専門学校 学校法人長谷柳絮学園 仙台青葉服飾専門学校

資料請求

きものスペシャリスト科タイトル

学生の声

きものに関わる多くのことが学べます

きものスぺシャリスト科 佐々木 美帆さん(岩手県出身)


Q1 なぜ、スペシャリスト科へ進学しようと思ったの?
一言でいうと2年間では学びきれないさらに上の技術を学びたかったからです。
2年間では自分が着る物が主でしたが、三つ身きもの(子供用の着物)や留袖といった自分以外のものを縫うとなると練習量もまだまだと感じたためです。さらに生地が柔らかく扱いが難しい夏物のきものもスペシャリスト科では製作します。そういった自分の知らない知識や技術を習得していきたいと思ったからです。

Q2 この学校で2年学んでの印象をお聞かせください。
高校の文化祭できものを着たときに比べ、綺麗にしかも振袖まで着付けることが出来るようになれたことは自分でも驚きです。
きもの造形に関しても、自分サイズの見栄えも良く着崩れしにくいきものをたくさん作れたことが良かったです。また、茶道や華道メイク色彩など、一見きものとはつながりがなさそうに見えますが実はとても密接な関係がありとても役に立っております。

Q3 今後の目標、将来の夢は
和裁士、販売、ブライダルなどまだどの分野に就職するか決めかねていますが、どの職場に行っても大丈夫なようにあと1年さらに深くそして幅広く学んでいきたいと思います。

在校生1

卒業生の声

お客様の「大切な1日」に関わることが、
ドレスコーディネーターとしての喜びです。

アイ・ケイ・ケイ株式会社 プレジール迎賓館 勤務
遠藤 千明さん
服飾学科きものスペシャリスト科卒業


卒業生1
卒業生1

ドレスコーディネーターは、結婚式を控えた新郎新婦様の「大切な1日のために準備をする」とても大切な役割を持っています。業務内容としては、お衣装選びのお手伝いから、ドレスやタキシード、色打ち掛け、留袖のメンテナンスになります。 お客様がどのようお衣装を着たいのか、という希望を理解し、 「お客様の感動のために」自分ができることを提供するよう心がけています。お客様の門出を一緒に祝い、準備できる喜びが、この仕事のやりがいだと思います。
今後は一組でも多くのお客様のお手伝いをすることと、自分のオリジナルの衣装を作りたいと考えています。
仙台青葉での4年間の学びは、とても貴重なものでした。基礎から知識と技術を身につけたことが、しっかり活かされています。

自分の夢や目標に向かって、
積極的にチャレンジしましょう。

佐藤裁縫所 勤務
後藤 瞳さん
服飾学科きものスペシャリスト科卒業


卒業生5
卒業生6

きもののお仕立てや仕立て直しが主な仕事です。 その他、きものの生地をリメイクしたり、和小物を作ったりしています。 仕事の依頼は個人や呉服店問わずにあります。 和裁士の仕事を目指したきっかけは、仙台青葉に在校中、先生からアドバイスをもらって意識するようになりました。 仙台青葉は、先生との距離が近いので、わからないことや疑問があればその場で質問でき、親切丁寧に教えていただけます。 親身になって接してくださるので不安なく授業に集中して取り組むことができます。 授業で身につけた技術や知識は、和裁士としてもしっかり活かされています。 現在の目標は、一人立ちです。 個人で和裁士を生業として長く続けたいと思っています。
夢や目標に向かって努力を惜しまないで、 失敗を恐れず何事もまずチャレンジしてみてください。 行動することによって新たな発見や発想が生まれ、経験や糧となり将来に繋がると思います。

↑ PAGE TOP