仙台青葉服飾専門学校

仙台青葉服飾専門学校キャンパスブログ


校内成人式


針供養とセットで学校全体で新成人を祝う「校内成人式」も針供養のあと開催されました。

 自ら仕立て上げた振袖で出席した学生もおり、思い出の成人式となったことと思います。

針供養

ずーっとブログ更新をせずにすみませんでしたdown.gif久々にアップしますup.gif

 

2月8日は針に感謝をする日・・・「針供養の日」でした!!! 

今回供養した針はなんと6,200本kao-a10.gif今年も地域の皆様や企業様から多くの針をお預かりし針塚に埋めて供養いたしました。

そもそも針供養とは・・・

折れた針、使い古した針を豆腐に刺して労い、供養する日です!! 縫い針、ミシン針、マチ針、くけ針・・・と、服飾学科にとってはもちろん、本校あげての伝統行事となっております。1本でも多くの針をやわらかい豆腐の枕に刺して労ります。そしてそれと併せて技術の上達も祈ります。

今年も、こんな感じ(↓)で針を労いました!!!


 

学校敷地の針塚に納めました☆

1年生 きもの作品(単衣長着)

1年生の自作の単衣長着(ひとえながぎ)ですicon_razz.gif

もちろん帯(名古屋帯)も学生が作りましたよw04.gif



特別講義(ホスピタリティ)

12月8日 木島上先生よりホスピタリティの特別講義をしていただきましたaicon_bbs17.gif

ホスピタリティとは「思いやり」「心からのおもてなし」という意味ですkao-a02.gif

学生は心からのおもてなしについて深く深く学びましたenpitu02.gifkao-a18.gif

 

ファッション科作品製作

ファッション科ではシャツ、スカート、ドレスなどの作品が、実際に店頭に並べることが出来るほどのクオリティ高い作品製作を目指して日々奮闘中です。

この技術が将来、パタンナーデザイナーそしてファッションアドバイザーとしても活かされるますb-ganba.gif



スペシャリスト科 振り袖の着付

2年生では訪問着の着付までを学びますが、上級コースのスペシャリスト科では、振袖の着付 留袖の着付を学びます。

実はこの振袖すべて学生が製作したものですw02.gif

スペシャリスト科は振袖、留袖の技術もしっかりと身につけています♪

就職したらそのスキル活かしていってくださいねaicon_bbs01.gif

 

中学生が専門学校での授業体験学習に参加しました!

仙台市内の中学生3名が、専門学校ではどのような授業をしているのか?ファッション業界で働くためにはどんなスキルを身につけるべきなのかを11月10日、11日、12日の3日間を通して学びました。

 

秋季避難訓練

本日、秋の避難訓練が実施されました。

今回は、大地震による地下からの出火という設定で訓練を行いました。

もちろん、学生には何処から出火するかなどは一切伝えずに・・・bikkuri01.gifしかし、学生の皆さんは校内放送をよく聞き、火元から離れたルートで落ち着いて避難をしていましたicon_mrgreen.gif

災害はいつどんな時におこるか全くわかりません!! 普段からの備えを教職員、学生共に再確認しました。

杜の都アート展 ブース参加しました♪

杜の都アート展は平成9年から始まったこのイベントで、毎年11月3日の文化の日に、定禅寺通り中央緑道で開催しています。仙台のシンボルであるけやき並木の美しい定禅寺通りを「緑の文化回廊」として、各ブース内で手作りのアート作品を展示・発表するイベントです。毎年、約200団体の参加があり、本校も出展しましたonpu11.gif

今回ブースでは、アクセサリーのついた髪ゴム、フリンジピアス、かわいい鍋つかみ、ブックカバー、フリースソックス…その他多数展示販売しましたw04.gif

本当に多くの人に立ち寄っていただきほぼ完売となりましたw03.gif

購入した人からは、「かわいい」などの言葉もいただき、学生にとっても今後の励みとなりました。

多くの人に来てもらいました♪

来年もまた参加します~w02.gif

芸術観賞会♪ 今年は「美女と野獣」

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、そして芸術の秋ですねw01.gif

ということで、毎年この時期「芸術観賞会」を設け感性を磨いています。

今年はこれ!icon_razz.gif とても感動のステージで、カーテンコールではスタンディングオベーションが鳴りやみませんでしたnaku02.gif

学生にとって、ミュージカルの内容ももちろんこと、舞台衣装の華やかさや着こなし、そして色彩も大変勉強になったと思います。

この学びが将来活かされることと思いますaicon_bbs17.gif


« 前ページへ次ページへ »

↑ PAGE TOP